山口

山口県で有名な癌封じ寺・瑠璃光寺(山口市)

山口市香山町にある保寧山 東雲山 瑠璃光寺(るりこうじ)は、癌封じにご利益のあるパワースポットとして有名です。

瑠璃光寺の境内には、国宝の五重塔や桜や梅の名所として有名な香山公園があり、山口県でも定番の観光地にもなっています。

瑠璃光寺の由緒・由来

瑠璃光寺は、1471年に創建された曹洞宗のお寺です。

御本尊は、健康や長寿にご利益のあるとされる薬師如来です。

瑠璃光寺の癌封じ

境内には、心願成就・ボケ・がん封じにご利益があるとされる「水掛け地蔵」があります。

水をすくう柄杓(ひしゃく)には、「厄除け」「健康」「結婚」といった願いごとが描いてあるので、自分の願いに合わせて柄杓を選びましょう。

瑠璃光寺のみどころ

国宝 五重塔

国宝にもなっている瑠璃光寺の五重塔は、室町時代、嘉吉2年(1442年)頃、足利幕府と戦い泉州堺に敗れた大内義弘氏の菩提を弔うために建てられました。

檜皮葺の屋根が特徴の五重塔は、大内文化の最高傑作とも言われ、日本で10番目に古く、醍醐寺(京都)・法隆寺(奈良)のものとならび日本三名塔の一つに数えられることもあります。

桜の季節、新緑の季節、紅葉の季節、雪景色など…自然豊かな風景に映えるこの五重塔は、山口県の観光スポットの代表となっています。

瑠璃光寺へのアクセス

【瑠璃光寺の情報】

●住所:山口県山口市香山町7-1
●最寄り駅:山口線「上山口」駅から徒歩約23分

【瑠璃光寺の地図】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です