北海道

福山雅治も訪れた!北海道の有名な癌封じ神社・西野神社(札幌市西区)


画像:西野神社ホームページ

北海道札幌市西区にある西野神社は、癌封じにご利益のあるパワースポットとして有名です。

安産・縁結びの神社としても知られる西野神社は、若い女性が多く訪れる神社としても知られています。

また、最近では、あの福山雅治さんが訪れたことでさらに女性の人気のスポットとなり、札幌観光協会おススメのパワースポット5か所にも認定されました。

西野神社の由緒・由来

西野神社の起こりは、1880年代の明治時代のこと。

北海道の開拓民がその土地の守り神である産土神(うぶすながみ)を故郷から抱いてやってきて、守護神として祀ったことが創建のはじまりとされています。

現在、西野神社の御祭神は、豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)・鵜草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)・譽田別命(ホンダワケノミコト)の三柱。

この3つの御祭神は、併せて「西野神社大神」と呼ばれています。

●豊玉姫命(トヨタマヒメノミコト)…開運厄除、縁結び、安産、海上安全の神。

●鵜草葺不合命(ウガヤフキアエズノミコト)…縁結び、安産の神。彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)の子供。神武天皇の父。

●譽田別命(ホンダワケノミコト)…出陣祭、戦勝祈願、漢字、文学、裁縫、呉服の神。八幡大神の一神・第15代応神天皇。母は神功皇后。

豊玉姫命は縁結び・安産の神様、鵜草葺不合命は縁結び・安産・子育ての神様とされていることから、西野神社は安産・縁結びの神社として年間3000人もの女性が訪れるパワースポットとなっています。

西野神社の癌封じ

西野神社では、なんと300種類もの御守りがあります。

健康や病気平癒にご利益のある“病除け”の御守りも数多くの種類があり、眼・耳・鼻や心臓といった身体の部位、糖尿病や高血圧など病気の種類によって異なる御守りなど、その種類は様々です。

そして、癌(がん)に特化した御守りもあり、癌の治療・手術の成功、癌の再発除けなどにご利益があるとされています。


画像:西野神社ホームページ

西野神社の見どころ

西野神社は、2011年、あの歌手の福山雅治さんがコンサートツアーで北海道を訪れた神社として知られています。

真駒内セキスイハイムアリーナ(札幌市)でのコンサート中に、西野神社の縁結びに御守り「えんみくじ」をひいたというエピソードを披露し、熱烈なファンの方々の間で一気に話題となりました。

西野神社へのアクセス

【西野神社の情報】

●住所:〒063-0021 札幌市西区平和1条3丁目
●ホームページ:http://nishinojinja.or.jp/

【西野神社の地図】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です