福岡

癌封じにご利益のある福岡県のお寺・如意輪寺


画像:九州二十四地蔵尊霊場ホームページより

 

癌封じにご利益のある福岡県のお寺・如意輪寺

福岡県小郡市にある「如意輪寺(にょいりんじ)」は、癌封じにご利益のあるお寺として有名です。

通称”かえる寺”として有名なお寺ですが、その理由とは?がん封じとの関係は?

今回は、如意輪寺についてご紹介します。

如意輪寺の癌封じご利益

“かえる寺”と呼ばれる如意輪寺は、その名の通りカエルの石像やオブジェがたくさん置かれているユニークなお寺ですが、癌封じにご利益のあるお寺としても有名です。

癌封じにご利益のある「癌切り不動明王」に参拝するために、全国から多くの方が訪れます。

参拝の手順は、まず大きなカエルに癌封じのメッセージを書いてお願いをします。

次に、この癌切り不動明王に参拝をして祈願をします。

手術や入院から”かえる(帰る)”こと、下がっている運気を”かえる(変える)”ことをお祈りする方が多いと言います。

如意輪寺の由緒・由来

ユニークな印象の強い如意輪寺ですが、実は、歴史・由緒あるお寺です。

如意輪寺の正式名称は、「横隈観音 清影山 如意輪寺」と言います。

小郡地域では最も古いお寺で、僧の行基(ぎょうき)が天平年間(729年)に開寺したお寺とされています。ちなみに行基と言えば、日本史では、奈良の大仏(東大寺)の造営の責任者として有名な方ですね。

本尊の如意輪観音は、坐像(ざぞう…座っている仏像)が多いのですが、この如意輪寺の如意輪観音様は、全国的にも珍しい立像で、福岡県の文化財にも指定されています。

また、如意輪寺は、九州二十四地蔵尊霊場の1つにもなっています。如意輪寺は、道守地蔵尊と呼ばれ、人々が道を踏み外さぬよう、事故に遭わぬよう見守ってくださる地蔵尊としてご利益があるとされています。

如意輪寺の見どころ

境内のカエルは5,000体以上!

如意輪寺の見どころと言えば、やはりカエル。
境内には、約5,000体以上(!!)のカエルが並んでいます。

ここまでカエル尽くしになった最初のきっかけは、ご住職が約30年ほど前に中国に行った際、骨董屋でお土産として購入したことから。

ご住職によると、”カエルは常に前に飛び跳ね、目的を達成する生き物なので、訪れた方の気持ちが前を向くように”という願いを込めて安置しているそうです。

また、中国では、カエルは”幸福”、”子宝”、”繁栄”などのご利益があるとされています。

夏に開催される「風鈴祭り」

毎年7月~9月には、風鈴祭りが開催されます。

この時期は、境内に風鈴が吊るされ、風鈴には短冊が付いていて、心願成就や病気平癒などのお願いを短冊に書いて奉納します。

風鈴は1体500円で販売されています。

如意輪寺へのアクセス

【真言宗 御室派 如意輪寺の情報】

●住所:福岡県小郡市横隈1728
●電話番号:0942-75-5294
●拝観時間:夜間を除いて自由
●アクセス:西鉄天神大牟田線「三沢」駅下車 徒歩10分

如意輪寺の口コミ・評判は?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です